福岡県筑後市の児童発達支援・放課後等デイサービス事業所

share your worries

お子さんの発達に不安を感じながら
誰にも相談できずに苦しんでいませんか?

児童発達支援とは

「児童発達支援」は児童福祉法にもとづく障がい児通所支援事業であり、心身に障がい、または発達の遅れがある未就学児に、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練などを行います。

 

サポートルーム yellow☆では発達や言葉が気になるお子さんを対象に、日常生活における基本的な動作や身辺自立、社会生活に必要な力を養うための支援を行っています。

お子さまの発達について

「他の子とちょっと違う」「どう接したらいいかわからない」
といった不安を抱えながら、相談できずにお悩みではありませんか?

「言葉や体の発育が遅い」「落ち着きがない」「コミュニケーションが取りづらい」「友達と上手く遊べない」「特定の者に強いこだわりがある」など、お子さんの発達に不安を感じていながら誰にも相談できずにお悩みではありませんか。もし、お子様の発達のことでお悩みなら、サポートルーム yellow ☆にご相談ください。

一人一人のお子さんを細かくサポート

サポートルーム yellow☆では、お子様 1~2 名に対して一人の専門スタッフがつくという療育体制をとっています。そのため、1~2 名の先生で集団の子供たちを保育している子ども園・幼稚園・保育園に比べ、手厚い支援が可能です。

お子様どうしの関わりなど、不安の多い場面についても適切なタイミングでスタッフがサポートいたします。

集団で生活する経験を豊かに

1 日 3~4 名程度のお子さんが療育を受けています。集団生活の中での遊びや経験を通して、社会生活を送る上で必要な「相手の気持ちを考える」「我慢する」といった力を身に付けることが可能です。

 

一人ひとりに合わせた学びとコミュニケーション

お子様の課題はその子によって異なります。言葉が遅れているためコミュニケーションがとれるようになってほしい、パニック・暴言・暴力など行動に困難さがあるなど、一人ひとりの課題や発達段階、特性に合わせた支援計画を策定することが大切です。

 

サポートルーム yellow ☆ではお子様一人ひとりに最適な成長サポートを提供すると同時に、家庭でもお子さまに適切な形で働きかけていただくために保護者様もサポートさせて頂きます。

お子さまの成長

友達と楽しく会話できるように!

自分の気持ちを言葉で表現することが苦手だけれでも、絵を描くことは大好きなお子さま。専門スタッフはお子さまに好きな絵を描いてもらい、絵に関するやりとりを通じてコミュニケーションスキルを高めてもらいます。

自分の気持ちをコントロール!

何かに失敗したときや間違えたとき、ゲームで負けたときなどに怒りの感情を抑えられないお子さま。友達をたたいてしまうことも。自分の状態を相手に伝える方法や、自分に合った方法で落ち着くことを身に付けてもらいます。

楽しく小学校準備!

数字やひらがなを覚えることを嫌がり、「大きさ」や「長さ」などの概念理解も不足しがちなお子さま。絵本やゲームなど好きなことを通して分かることの喜びを感じてもらうとともに、役割を与えることで自信をつけてもらいます。